読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

画家 軽部武宏の日記

画家 軽部武宏の最新情報

西表島2日目

白浜港8時35分発の連絡船に乗り、奥西表の船浮集落を目指す。

西表島1日目

大原で下船したのは4名、9割方は石垣港まで乗って行くようだ。レンタカーで上原方面へゆっくりすすむ。 干潮時のマングローブ。楽々川沿いをトレッキング出来そうだが、潮が満ちてきたら大変な事になる。 去年来た時は入り口にロープが張られていた林道が進…

波照間島3日目

日が高くなる前に島の北西部を目指す。晴天が続いていた為、道路脇のU字溝も干上がっている所が多く、所々に僅かに残る水溜りには数種類のオタマジャクシ達が集結していた。水生昆虫の類いは辛うじてミズスマシを数匹発見したくらいであった。そんな中、浅く…

波照間島2日目

有人島としては日本最南端の島の最南端部へ自転車で向かう。 到着してすぐに見覚えのあるものを発見。 20年近くすっかり忘れていたが、建築を学んでいた学生時代衝撃を受けた「象設計集団」の波照間の碑の大蛇じゃないか!全国から集めた小石と沖縄の珊瑚を…

波照間島1日目

朝4時半に家を出て、石垣空港へ飛び、石垣港11時50分発のフェリーで波照間へ。 時計を見ると13時半。遠かった〜 宿にザックを置いてすぐに自転車を借りてニシ浜まですっとばす。 何とか潮が満ちる前にシュノーケリング出来た。満潮時はリーフまで遠くなるの…

船浮集落

割高、混み々の大型連休が終わった頃、西表島に向かった。と言っても目指すは陸の孤島の船浮集落。連休とか関係なく訪れる旅人は少ない。この時期、沖縄奄美地方には早い年だと台風1号がやって来るので、低気圧の北上タイミングによっては旅程がメチャクチャ…

スナヤツメ

昨日の気温上昇で、春本番かと気分も上昇してしまい、“大変多い”花粉が待機していると判っちゃいるのだが、居ても立っても居られず春の里川へと向かった。 チェストハイウェーダーに超ロングゴム手袋、偏光グラスに粉塵マスク着用という大袈裟な出で立ちで小…

加計呂麻島

奄美空港に着陸したのは午後2時30分過ぎ。昨年の7月以来2度目の入島だ。 一年経ってない…。 ボーディングブリッジから一気に上がる湿度とロビーのブーゲンビリアの匂いに包まれるとまたこの島に来れた嬉しさが腹の底から込み上げてくる。 旅で訪れた土地を…

川端

東京駅からのぞみに乗り込み米原へ。琵琶湖の畔のとある集落に行ってきた。綺麗な水がゴンゴン湧き出す町で、昨年国営放送のカメラが入ったので知っている人も多いと思う。僕は放送を見るなり胸が熱くなり、ここを訪れねばならないと決意しすぐに旅程を組ん…