読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヤリタナゴ

関東では激減したヤリタナゴ。東京ではすでに絶滅、千葉、埼玉の極限られた場所にしか生息確認されていない。関東では釣るのが一番難しいタナゴだ。ヤリタナゴは三面護岸されたような水路には生息出来ない。昔ながらの岸が土で出来ていて、砂底で上流には湧き水があるような小川に生息する。知らない人は鮒や鯉、オイカワと似たようなもんだろ、と片付けるが、タナゴ類、ヒガイ類というのは二枚貝を母貝として繁殖するので、二枚貝と運命を共にしていて、淡水シジミの激減からも分かるように、イシガイ、マツカサガイ、カラスガイ等の生息地域減少にあわせ、加速的に減少し続けているのだ。山奥の渓流などの大自然よりも寧ろ人間の生活に密着した里山の方が自然環境破壊が進み、タナゴ類にとって危機的状況だと言える。観光、漁業などと結びつかない為、行政レベルで施策が取られている所は稀だ。写真の水路を上流に遡って行くと湧き水があり、シジミ等二枚貝類が確認出来たが、湧き水のすぐ裏の所までマンション宅地開発が進んでいて残念な気持ちになった。

f:id:karugamasky:20040418144948j:plain

f:id:karugamasky:20040329093620j:plain

f:id:karugamasky:20040329093251j:plain