読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

淡々と

今年に入ってから取り組んでいた新作絵本の原画をやっと描き終えました。夜の出来事が主題だが既刊のどれとも違う感じなので本になるのがとても楽しみ。初夏に発売予定で追々こちらでも宣伝していきます。

そして、今日からその次の絵本原画に取り掛かりました。これは一寸可愛い主人公が登場します。

 

暴君共の判断次第で何が起きるとも分からない状況ですが、

例え明日、世界が滅びようとも今日も淡々と絵を描く。

グループ展のお知らせ

『冬の虫』

会期  2017年1月21日(土)~2月12日(日)月曜休廊

会場  ビリケンギャラリー(南青山)

クラーナハ展

西洋美術館。

開館10分後に入場するも既に混雑しているのに驚く。

クラーナハといえば、以前画集で見たガリバーだか小人だかの群像作品が忘れられず、もしや現物見れるかもと期待していたが、残念ながら展示されていなかった。

しかし、レイラ・パズーキのインスタレーション《ルカス・クラーナハ(父)〈正義の寓意〉1537年による絵画コンペティション》が圧巻で楽しめた。

怪談えほん原画展

◆怪談えほん<第一期> 原画展in横浜

【会 期】2016年11月21日(月)~11月30日(水) 11:00~20:00
【会 場】MERRY ART GALLERY(公式HP
神奈川県横浜市中区諏訪町16-1F TEL:045-228-9457

 私は「ちょうつがいきいきい」の原画を展示しています。

ボルタンスキー

東京都庭園美術館で開催中のクリスチャン・ボルタンスキー展。

楽しみしていたにも関わらず、記念講演の申し込みを忘れてしまっていた。

無念…。

東京初の展覧会でタイトルが、

<アニミタスーさざめく亡霊たち>

良い!非常にシンパシーを感じる。

私の表現活動の中核部分を撫でられる気分だ。

著書「クリスチャン・ボルタンスキーの可能な人生」の中でも「記憶」について語っているが、読みながら何度大きく頷いたか分からない。

大規模回顧展という事なので期待しすぎたのか、会場に足を踏み入れて展示を観て…

えっ、これで終わり???

90年代のインスタレーションの印象が強すぎて、今回は何か物足りない。

どう感じるかは人それぞれなので、詳しくは書かない。