画家 軽部武宏の日記

画家 軽部武宏の最新情報

まくらのグーたろう

7月15日頃発売の「おひさま/小学館」に掲載予定。

おひさまにこのタッチで描くのは初だ。

f:id:karugamasky:20170622105253j:plain

ジャコメッティ展

新国立美術館

パリのポンピドゥーセンターで観て以来だから久しぶりに対面した。

高校生の時、針金人間のように細過ぎる人体表現に触れ、自分の概念になかった造形的な美しさに出会えた事に心躍ったのを覚えている。同時にアートの事についてアレコレ考えていた頃でもあり、芸術家にとって作風の確立は必要か否かとか、不可能な事とわかっていながら果敢に表現しようとする事の意味とか、豊穣なシンプルさとは何かとか、様々な青い悩みに対して一つの答えのようなものを差し出してくれた気がしたのだった。しかし、何よりも増して痺れたのは製作中のジャコメッティを写した数枚のポートレートだった。粘土や絵の具で汚れたツイードのジャケットを着て年老い猛禽類のような眼差しで作品と格闘している風のモノクロ写真の格好良さ。たまらなかった。

新作絵本

7月上旬発売予定の絵本「ばけバケツ」/小峰書店

無事責了となり後は見本が出来上がってくるのを待つばかり。

今回、夜空を表現するのにいつもと違う色の絵の具を使ってみた。

初夏の夜の空気感を出せたように思う。

f:id:karugamasky:20170622105416j:plain

またしても無精卵

トラバンコアヤマガメがほぼ2月おきに3度産卵している。

6/4に3クラッチ目があったが残念ながら無精卵であった。

f:id:karugamasky:20170604173329j:plain

アドルフ・ヴェルフリ

東京ステーションギャラリーで開催中の展覧会「アドルフ・ヴェルフリ 二萬五千頁の王国」。一年程前にヴェルフリのソロの展覧会が日本で開かれると聞かされた時には本当に驚いた。過去にアウトサイダーアートのグループ展に数点出展されていた事は何度かあったが、今回これだけ纏まった数の作品をいっぺんに観れた事は、感激を通り過ぎてちょっとした事件だと言っていい。絵に関わりのある人間は勿論、そうでない人間も相当な衝撃を受け取る事に違いなく、この先自分の生きている間にまた日本で開催される可能性はほとんど無いと思われ、会場内を行きつ戻りつ一枚一枚じっくり味わった。これでもヴェルフリの遺した膨大な量のドローイングの一部のみの展示なのだが、人間の脳の不思議さや無限の可能性、そして自分がいかに常識に縛られたつまらない大人の社会的約束に毒され続けて日々を過ごしてきたかを改めて思い知ったのだった。作品を破棄せずに保存していた精神病院や支持者、今展覧会を企画した関係者に感謝したい。

 

 

30度超え

室内で加温飼育していたトウブハコガメ2016CB。

本日の亀測定で甲長99mm、体重197g。

生後7ヶ月で甲長は3倍を越え、体重は25倍に!

屋外組のチビミツユビを越えていたので今日から合流させた。

喧嘩すなよ!

f:id:karugamasky:20170521121613j:plain

西表島2日目

白浜港8時35分発の連絡船に乗り、奥西表の船浮集落を目指す。

 

f:id:karugamasky:20170511103516j:plain

 

西表島1日目

 

大原で下船したのは4名、9割方は石垣港まで乗って行くようだ。レンタカーで上原方面へゆっくりすすむ。

f:id:karugamasky:20170510145601j:plain

干潮時のマングローブ。楽々川沿いをトレッキング出来そうだが、潮が満ちてきたら大変な事になる。

f:id:karugamasky:20170510150501j:plain

去年来た時は入り口にロープが張られていた林道が進入出来るようになっていたのでハブに気をつけながら奥へと進む。

坂を下りた突き当りに開けた場所が見えたと思ったら、薄茶の4本足の獣がするりと横切った。???…まさかのイリオモテヤマネコか。一瞬の事で確信が持てない。リュウキュウイノシシかもしれない。どちらも剥製以外見た事が無いのだ。暫く静かににして辺りを窺うがそれっきり何の気配もないのでさらに奥へ歩を進めるといきなり谷津田が目の前に広がった。

f:id:karugamasky:20170510153602j:plain

田圃の周囲の堀割には良い雰囲気で水草が繁茂しイトトンボ類が飛び交っていた。